夢あふれる貸切空間で、ショーみたいに楽しいおもてなしが実現

夢あふれる貸切空間で、ショーみたいに楽しいおもてなしが実現

DATE: 2019年4月挙式 90名 キリスト式
「私たちと最高の結婚式にしましょう」と支配人に声をかけてもらったことが今でも心に残っているという新婦。席次表などの手づくりアイテムに取り組むときも親身になって一緒に考えてくれるなど、担当プランナーは特に心強い味方だったそう。「当日初めて会うスタッフもみなさんにこやかで、安心しておまかせできました」。

こだわりポイント

ふたりの大好きなテーマパークのような空間に一目ぼれ!プロジェクションマッピングなどの演出も決め手に

わくわくする空間でゲストに心から楽しんでもらえるような結婚式にしたいと考えていた新郎新婦。夢いっぱいのコンセプトに惹かれて、初めて会場を訪れた。写真を見て想像していた以上に華やかで楽しい空間、噴水ショーやプロジェクションマッピングといった迫力の演出、そして、良心的な費用も大きなポイントとなった。

幼いころからずっと憧れていた、神聖な教会式。シンプルさの中にも温かみのあるチャペルは理想そのもの

心が落ち着き、場所に込められた祝福の思いがじんわりと伝わってくるようなチャペル。誓いのキスをすると、ふたりの背景に滝が流れてゲストが自然と拍手できるようになっており、そういった配慮のある仕掛けも好印象だったと新婦。「ベールダウンやバージンロードなど両親との時間もあって、感謝を伝えられました」。

ゲスト参加型のゲームがパーティを盛り上げ、大迫力のプロジェクションマッピングがフィナーレを演出

ゲストみんなが楽しめるパーティになるように、ふたりがこだわったのは、全員が無理なく参加できる演出を取り入れること。ドレスの色あてゲームは、景品を用意したこともあって、大盛り上がり!楽しい余韻をそのままに、フィナーレではプロジェクションマッピングが披露され、大きな感動を全員で共有することができた。

一覧へ戻る